Posts tagged "FUJI ROCK FESTIVAL"
苗場からお届けするリアルタイム速報!

苗場からお届けするリアルタイム速報!

ついにはじまったFUJI ROCK FESTIVAL'13!! 今年も話題のアーティストが多く、マイ・タイムテーブルづくりに悩んだ方も多かったのではないでしょうか? 「今あのステージはどうなっているの?」「意外なあの人がこんなところに!」など、WITCが苗場の様子をレポートします!
これだけは食べておきたいフェス飯!

これだけは食べておきたいフェス飯!

野外フェスの楽しみと言えば、会場で食べる食事は外せません! 特にFUJI ROCK FESTIVALの場合、入り口近くの“オアシス”、“苗場食堂”、FIELD OF HEAVENの先にあるアジアゾーン、“ところ天国”、ORANGE COURT内のレストラン・スペースなど3日間では回りきれないほどのお店がところ狭しと並んでいます。どれも美味しくて目移りしてしまうのですが、WITCがオススメする絶品フェス飯をご紹介します!
FUJI ROCK FESTIVAL'13:The xx

FUJI ROCK FESTIVAL’13:The xx

最終日、注目の若手としてご紹介したDIIVに続き、ピックアップするのは、英サウス・ロンドンの3人組、The xx。2010年のFUJI ROCK FESTIVAL以来、苗場のステージに立つのは3年ぶり2度目。前回は、一夜限りの来日公演をソールドアウトさせ、その勢いのままREDMARQUEEを満員の観客で埋め尽くしました。あの時体感した体と意識が分離していくような高揚感は、今でも覚えています。音源から感じる心地よさとは違い、REDMARQUEEの空間と共鳴したサウンドは、ある種の危険な中毒性をはらんでいました。のぞき込んだら吸い込まれていきそうな不思議な感覚に陥った方は多かったのではないでしょうか?
FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Maya Jane Coles

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Maya Jane Coles

インターネットとソーシャル・サービスの発達に伴い、若い才能の活動の場が増えている昨今。バンドやソロ活動のみならず他アーティストのプロデュースを手がけるなど、アーティストは自身の活躍の場を広げ、私たちも海を超えた彼らの存在をよりリアルに知ることができるようになりました。そうして知りえたアーティストのなかでも、女性DJでプロデューサーのMaya Jane Coleは衝撃的でした。
FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Skrillex

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Skrillex

25歳という若さにして各国のフェスを席巻し、“パーティー・モンスター”の名をほしいままにしているSkrillexことSonny Moore。実は、FUJI ROCK FESTIVAL'12で来日するかと予想していたのですが、初来日は新木場STUDIO COASTでの単独公演でした。同公演は、チケットが発売開始後にすぐになくなってしまい、参加した方々の公演終了後の感想に涙を流した人も多かったはず。そんな体験談にますますの期待が高まるなか、ついに念願のFUJI ROCKのステージにSkrillexが登場します!
FUJI ROCK FESTIVAL ’13:My Bloody Valentine

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:My Bloody Valentine

My Bloody Valentine 7/26(FRI)@GREEN STAGE まさかの22年ぶりの単独来日公演、そして新作『m b v』のリリース。今年ついに音楽シーンに正式に帰還したと言って良いMy Bloody […]
FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Foals

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Foals

2日目に要注目したいのはGREEN STAGE初登場となるFoals! イギリスはオックスフォード出身の彼らですが、’08年の1stアルバム『Antidotes』リリース後、RED MARQUEEにてフジロック初出演を果たし、’10年の2ndアルバム『Total Life Forever』リリース時にもWHITE STAGEへ出演、そして今年は満を持してのメイン・ステージであるGREEN STAGEへの出演が決定となりました。
ついに開幕!FUJI ROCK FESTIVALのススメ

ついに開幕!FUJI ROCK FESTIVALのススメ

今月末に迫ったFUJI ROCK FESTIVAL'13! 出演アーティストの発表も大詰めを迎え、フジロッカーのテンションは最高潮になっていることでしょう。WITCでは、今年もフェス当日のレポートをはもちろん、FUJI ROCKをより楽しむための情報をご紹介したいと思います! 
FUJI ROCK FESTIVAL '13:Vampire Weekend、相対性理論ら15組出演決定! 日割りも明らかに

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Vampire Weekend、相対性理論ら15組出演決定! 日割りも明らかに

FUJI ROCK FESTIVAL'13まであと3カ月! ついに、出演日別ラインナップが発表されました! あわせて、5/8に待望の3rdアルバム『Modern Vampires Of The City』をリリースするVampire Weekendが、GREEN STAGEを沸かせた2010年以来、3年ぶりに出演することが決定! Vampire Weekendを筆頭に、相対性理論ら15組が発表されています。
FUJI ROCK FESTIVAL '13:最終ヘッドライナーは6年ぶりThe Cure!Skrillexらも出演決定

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:最終ヘッドライナーは6年ぶりThe Cure!Skrillexらも出演決定

Nine Inch Nailsの復活。Björk、待望の来日。すでに今年も注目を集めているFUJI ROCK FESTIVAL'13ですが、ついに最終日のヘッドライナーが発表されました。2007年の同フェス以来、6年ぶりの来日となるThe Cureが苗場に帰ってきます!
My Best Fiend:自らをさらけ出し、“今”を刻むことで生まれる音楽

My Best Fiend:自らをさらけ出し、“今”を刻むことで生まれる音楽

アメリカはニューヨーク・ブルックリンの5人組バンド、My Best Fiendはなんとも不思議なバンドだ。MGMT、MOGWAIと並べられることが多いが、それ以上に繊細でいてどっしりとしたオーラを放っている。フォーク、ゴスペル、ロックなどを組み合わせたサウンドに、Frederick Coldwellの信仰や宗教観が色濃く反映された歌詞が響き、空気に溶けるような浮遊感あるヴォーカルは、不安と高揚感の狭間を漂う。3/10にデビュー・アルバム『In Ghostlike Fading』をリリースし、それからわずか4カ月あまりでFUJI ROCK FESTIVAL’12の大舞台に立った。初来日にして、RED MARQUEEを甘美で危うげな空気で満たし、英名門レーベルWarp Recordsを魅了した才能を見せ付けた5人。WITCは、バンドからFrederick とPaul Jenkinsにインタビューを敢行! 音づくりへの思い、バンドへの姿勢を聞きました。
The D.O.T.:ついにベールを脱ぐ! 世界に先駆け、6/27に日本限定でEPを発売

The D.O.T.:ついにベールを脱ぐ! 世界に先駆け、6/27に日本限定でEPを発売

元The MusicのRobことRobert Harveyと、“イギリス版EMINEM”と称されるThe StreetsのMike Skinner。2000年代のUKダンスミュージックをけん引してきたふたりがタッグ組んだユニット、The D.O.T.が、ついに本格始動します! 先日FUJI ROCK FESTIVALへの出演が発表され話題となっていましたが、世界に先駆け、6/27に日本限定でEPをリリースすることが発表されました!