Posts tagged "BO NINGEN"
Day and Buffaloが選ぶ2013年のベスト・アルバム!

Day and Buffaloが選ぶ2013年のベスト・アルバム!

2007年の結成以来、自主制作活動を掲げ、英ロンドンから東京に拠点を移し活動の幅を広げ続けているサイケ・ポップバンド、Day and Buffalo。音楽フェス“ETERNAL ROCK CITY. 2012”、“STYLE BAND TOKYO 5TH ANNIVERSARY PARTY”などに出演し、“300円GIG”を復活させた12年に続き、13年は1stフル・アルバム『My short brain』のリリース、全国6カ所を巡るリリースツアーなど躍進しています。儚くも力強い世界を構築してきたDay and Buffaloが選ぶ、今年の10枚をチェック!
BO NINGEN:メジャー・デビュー!新作日本盤が2/27にリリース&来日ツアー決定

BO NINGEN:メジャー・デビュー!新作日本盤が2/27にリリース&来日ツアー決定

ロンドンを拠点に精力的な活動を行っている、BO NINGEN。昨年末には、SavagesのヴォーカルであるJehnny Bethを迎えた「Nichijyou」が英NME誌の“今週のシングル”に選出されるなど、各界で注目を集めていましたが、ついにここ日本でのメジャー・デビューが決定いたしました! 昨年10月にイギリスで発表した2ndアルバム『Line The Wall』の日本盤が、2/27にSony Music Asscoiated Recordsからリリースされます。
TOMO(from STYLE BAND)が選ぶ2012年のベスト・アルバム!

TOMO(from STYLE BAND)が選ぶ2012年のベスト・アルバム!

東京のパーティー・シーンが揺れた2007年の夏。国内外のアーティストの夢のような共演を実現させ、国境を超えた架け橋として“STYLE BAND TOKYO”がはじまりました。そんな“STYLE BAND TOKYO”のオーガナイザー、DJ、BO NINGENのマネージメントなど、音楽シーンのさまざまな場面で暗躍しているTOMO氏。時代の先端をとらえる確かな嗅覚で、アーティストとオーディエンスの思いが行き交うフロアに、新しい風を吹き込んでくれます。国内外問わず、多彩なサウンドやミュージシャンを紹介し続けるTOMO氏にも、今年のベスト・アルバム10枚をセレクトして頂きました!
Taigen Kawabe(from BO NINGEN)が選ぶ2012年のベスト・アルバム!

Taigen Kawabe(from BO NINGEN)が選ぶ2012年のベスト・アルバム!

英ロンドンを拠点に活動する、BO NINGEN。轟音ノイズと高音ヴォーカルが生み出す高揚感のなか、多くの人々を取り込んでしまうサウンドは、強引なまでの引力と中毒性がやばい! 2011年に続き、12年も日本国内でのツアーやヨーロッパでのフェス参加を重ね、10月には新作『Line The Wall』のリリース。留まることのないバイタリティで、国境を越えた精力的な活動を行っています。今回、ベスト・アルバムに協力してくださったのは、フロントマンのTaigen Kawabe氏。黒髪の奥に沈着さと激情をひそめた、TAIGEN氏を魅了したサウンドとは?
アーティストとWeekend In The Cityが選ぶ2012年のベスト・アルバム!

アーティストとWeekend In The Cityが選ぶ2012年のベスト・アルバム!

2012年、振り返ってみるとあっという間の1年でした。音楽や映画などさまざまなクリエイティブ活動を行っているアーティストの方々のお話を伺う機会が増え、Weekend In The Cityはもちろん、私個人としても今まで以上に自分の活動が明確になった1年だったように思います。今年はイベントを行うことができなかったことが心残りではありますが、FUJI ROCKのレポートやインタビューなど、少しずつ取り組みの幅を広げることができたかな、と思っています。来年こそは「イベント復活と企画ものの実現!」を掲げて、さらにがんばって行きたいと思います。2013年も、Weekend In The Cityをよろしくお願いいたします! それでは、気になるアーティストのベスト・アルバムを発表いたします!
Bo Ningen:今夏、待望の再来日ツアー決定!

Bo Ningen:今夏、待望の再来日ツアー決定!

UK発の逆輸入サイケデリック・ロック・バンド、Bo Ningenの再来日ツアーが決定しました! 今年の夏、昨年見せてくれた狂気の夜が甦ります!
BO NINGEN:サイケデリックに彩られた轟音は世界をクロスオーバーする

BO NINGEN:サイケデリックに彩られた轟音は世界をクロスオーバーする

サウンド、ルックス、オーラ――すべてが圧倒的な衝撃を放つ有機体、BO NINGEN。激しい轟音のなか、回顧の先にある希望を吐き出す。活動の場を限定しない緩やかで柔軟なスタイルは、ロンドンを活動拠点にイギリス、日本、そしてヨーロッパをものすごい速度の暗いノイズの波で浸食。2011年はアルバム、EPをリリースし、12年も国境を越えたライヴと精力的に活動を続けている。激情のなか見え隠れする沈着さ。主体的な世界に潜む客観性。BO NINGENというサイケデリックなサウンドに込めた思いは一体何なのだろうか? 黒いベールに包まれた素顔に迫った。