Posts tagged "Bloc Party"
Kele Okereke:「Grounds For Resentment」

Kele Okereke:「Grounds For Resentment」

Bloc Partyのフロントマン、Kele Okerekeがソロ活動での新曲「Grounds For Resentment」を公開!10月6日に約3年ぶりにリリースする3rdアルバム『Fatherland』に収録。
Bloc Party:『HYMNS』

Bloc Party:『HYMNS』

英ロックバンド、Bloc Partyが1月29日に世界同時リリースする、3年半ぶり5作目の新作『HYMNS』の全曲試聴を開始! ベースのJustin Harris、ドラムのLouise Bartleを迎えて発表する初めて […]
Bloc Party:「Virtue」

Bloc Party:「Virtue」

英ロックバンド、Bloc Partyが2016年1月29日に世界同時リリースする、3年半ぶり5作目の新作『HYMNS』から新曲「Virtue」を公開!
Bloc Party:「The Good News」

Bloc Party:「The Good News」

メンバーチェンジを行った英ロックバンド、Bloc Partyが2016年1月29日に世界同時リリースする、3年半ぶり5作目の新作『HYMNS』から新曲「The Good News」を公開! Kele Okerekeによると「傷心、そしていかにそこから立ち直るかについて歌っている」曲とのこと。
Kele Okereke:「Closer (Fred V & Grafix Remix)」

Kele Okereke:「Closer (Fred V & Grafix Remix)」

Fred VahrmanとJosh Jacksonによる英デヴォンのドラムンベースデュオ、Fred V & GrafixがBloc Partyのフロントマン、Kele Okerekeの「Closer」をリミックス!
V V Brown:「Faith feat. Bloc Party's Kele Okereke」

V V Brown:「Faith feat. Bloc Party’s Kele Okereke」

英R&Bシンガーでモデル、プロデューサーとしても活躍するのV V BrownことVanessa Brownが、Bloc PartyのKele Okerekeを迎えた「Faith」の新バージョンを公開! 4月28日に“YOY Records”からリリースされます。
Day and Buffalo:ツアーファイナルゲストはTHE OTOGIBANASHI'S、Awesome City Club!

Day and Buffalo:ツアーファイナルゲストはTHE OTOGIBANASHI’S、Awesome City Club!

今年5月に待望の1stアルバム『My Short Brain』をリリースしたサイケポップバンド、Day and Buffalo。ライブや制作活動を重ねるなかで独自の進化を遂げた5人は、10月19日からは沖縄G-shelterを皮切りに、全国6カ所でリリースツアーを敢行していました。そして、12月2日に新代田feverで開催されるツアーファイナルの詳細が発表されました! ラップグループのTHE OTOGIBANASHI'S、thatta、THIS IS PANICの元メンバーらが結成した新バンド、Awesome City Clubを迎え、“BE MY FRIEND 孤独は消えるツアー”を締めくくります!
Kele Okereke:新作ハウスEPからタイトル・ナンバー「Heartbreaker」公開!

Kele Okereke:新作ハウスEPからタイトル・ナンバー「Heartbreaker」公開!

我らがBloc Partyのフロントマン、Kele Okerekeが名門ハウスレーベル“Crosstown Rebels”からリリースする新作EP『Heartbreaker』のタイトル・ナンバー「Heartbreaker」を公開しました!
Mio Yamada(WITC)が選ぶ2012年のベスト・アルバム!

Mio Yamada(WITC)が選ぶ2012年のベスト・アルバム!

年々、時間の経つのが早くなっている昨今(笑)。でも、年の瀬になって1年を振り返ってみると、時の早さに比例して人や音楽との出合いは濃くなっているなあと感じることが多く、本当にうれしいばかり。WITCも、2010年のスタートから2年半が経ちました。今年はイベントという形にすることはできませんでしたが、少しずつ充実させていけるように邁進したいと思っています。昨年からはじめたベスト・アルバム企画では、昨年に続きさまざまなジャンルのアーティストの方々にご協力頂きました。私自身も、“1年を通して聴き込んだ作品”ということで、今年の10枚を選んでみました。1年を通して聴いてきた音楽を振り返ってみると、自分の中での音楽との付き合い方が少しずつ変わってきているなあと感じます。昔比べると、ジャンルのこだわりや先入観なく聴けるようになってきたかな? 2013年は、もっともっと新しい音楽と出合うことができるよう、積極的に関わっていきたいと思っています。
フクダショウコ(WITC)が選ぶ2012年のベスト・アルバム!

フクダショウコ(WITC)が選ぶ2012年のベスト・アルバム!

フクダショウコ(from Weekend In The City) あっという間に’12年も終わってしまいましたね……。毎年この時期になると“あれも聴いてない、これも聴きたかった”みたいな想いを巡らせているの […]
Bloc Party:待望の来日ツアー、東名阪で開催決定!

Bloc Party:待望の来日ツアー、東名阪で開催決定!

みなさん! ついに、我らがBloc Party、待望の来日ツアーが決定しました! 約3年間の休止期間を経て本格的に再始動したBloc Partyが、8月にリリースした最新作『Four』を引っさげ、来年1月に東名阪3カ所をまわります。
Bloc Party:バンド再生のための沈黙の4年間

Bloc Party:バンド再生のための沈黙の4年間

ついにBloc Partyが復活!! 約4年という決して短くはない月日を経てリリースする最新作『Four』は、休止直前のバンドの危機的状況を乗り越えたが故に、リスナーのみならず彼らにとっても並々ならぬ思い入れのある作品となることは間違いないだろう。また、彼ららしいニュー・ウェイヴ的なアプローチが基盤にありつつも、全体にわたってヘヴィーなサウンド強調されるなど、今作はあらゆる面においてこれまでのBloc Partyを確実に更新している。去る6月に行なった久々の来日公演では、その復活を私達に確信させてくれたBloc Party。もちろん彼らの復活を待ち望んでいたWITCは、来日公演直後にGordon Moakes(Ba)とMatt Tong(Dr)にインタビューを敢行! 活動再開と新作に対する彼らの想いに迫ってきました!