XXYYXX:Green Dayから電子音楽へ 10代の可能性と感性が生み出す新たな音楽

XXYYXX:Green Dayから電子音楽へ 10代の可能性と感性が生み出す新たな音楽

昨年のTAICO CLUBで初来日を果たした米カリフォルニア・フロリダの気鋭プロデューサー、Marcel Everettによるソロ・プロジェクト、XXYYXX。当時、弱冠16歳の少年がYouTubeにアップした「About You」は、洗練されたアートワークもさることながら、ディープな多幸感がネットを中心に話題を呼び、瞬く間に各誌で取り上げられるように。現在、17歳のXXYYXXのキャリアはどのようにしてスタートしたのか? 音楽への思いは? さまざまな疑問がうずまくなか、2月10日に待望の再来日を控えたXXYYXXにメールインタビューを敢行しました!
Latest entries
M.I.A.:最新作4thアルバムから、ニュー・シングル「Bad Girl」をリリース!

M.I.A.:最新作4thアルバムから、ニュー・シングル「Bad Girl」をリリース!

“音楽革命の女戦士”と呼ばれるM.I.A.。可愛らしいルックスに攻撃的なサウンド。そして、声高々にポリシーを掲げるスタイルは2005年のデビュー以来、大きな存在感を放っています。(そんなつもりはないのでしょうが)時折見せる子どものような甘えた声が、中毒性を持っているんですよね。そんなM.I.A.。待望のニュー・シングル「Bad Girl」をリリースすることが決定しました! 
Radiohead:4年ぶりの新作『The King Of Limbs』、2011年で最も売れたアルバムに

Radiohead:4年ぶりの新作『The King Of Limbs』、2011年で最も売れたアルバムに

英音楽雑誌のNMEが、2011年のベストセラー・シングル、ベストセラー・アルバムを発表しました!
BO NINGEN:サイケデリックに彩られた轟音は世界をクロスオーバーする

BO NINGEN:サイケデリックに彩られた轟音は世界をクロスオーバーする

サウンド、ルックス、オーラ――すべてが圧倒的な衝撃を放つ有機体、BO NINGEN。激しい轟音のなか、回顧の先にある希望を吐き出す。活動の場を限定しない緩やかで柔軟なスタイルは、ロンドンを活動拠点にイギリス、日本、そしてヨーロッパをものすごい速度の暗いノイズの波で浸食。2011年はアルバム、EPをリリースし、12年も国境を越えたライヴと精力的に活動を続けている。激情のなか見え隠れする沈着さ。主体的な世界に潜む客観性。BO NINGENというサイケデリックなサウンドに込めた思いは一体何なのだろうか? 黒いベールに包まれた素顔に迫った。
Islet:来日を目前にして、ニュー・アルバムの全曲ストリーミングが解禁!

Islet:来日を目前にして、ニュー・アルバムの全曲ストリーミングが解禁!

インターネットを通じて、もはや国境や時差など関係なくありとあらゆる情報が手に入るこの時代に逆境するかのように、自らの存在をネットの海に簡単に投じることを良しとせず、身近なPRツールとしてのTwitterやFacebook […]
22-20s:3rdアルバムのリリースが決定!!

22-20s:3rdアルバムのリリースが決定!!

’10年の再結成、そしてアルバムのリリースでシーンにカムバックした22-20s、大きな喜びを持って彼らが迎えられたことは記憶に新しいと思います。デビュー・アルバムで一気に脚光を浴び、それ故に自身と周囲のギャッ […]
Perfume Genius:衝撃のPV公開、新曲「Hood」で自分をさらけ出す

Perfume Genius:衝撃のPV公開、新曲「Hood」で自分をさらけ出す

アメリカ・シアトル出身のMike Hadreasによるソロ・プロジェクト、Perfume Genius。2010年にリリースされたデビュー・アルバム『Learning』は、折れそうで折れない不思議な危うさをたたえた美しさ […]
Bass Drum of Death:ドラッグ、憂鬱、葛藤…青いガレージ・サウンドで吹き飛ばせ

Bass Drum of Death:ドラッグ、憂鬱、葛藤…青いガレージ・サウンドで吹き飛ばせ

昨年から気になりつつも、なんとなく聴きこむことができていなかったBass Drum of Death。おそらく、女の子のようなかわいらしい顔立ちに似合わず、意外とマッチョな体型だから、といういつもながらルックスから入って […]
Esperanza:ラテンの血が騒ぐ、類い稀な変態奇才サイケ・サウンド

Esperanza:ラテンの血が騒ぐ、類い稀な変態奇才サイケ・サウンド

今回は、Gommaが見出した奇才バンド・Esparanzaをご紹介したいと思います。彼らのセカンド・シングル「Jaipur」に代表される、混在する緊張感と緩やかな気だるさ。“チル・ウェーヴ界に現れたBattles”という言葉だけでは氷山の一角、到底語りつくせない奥深さはとんでもないです。Battlesを地下に眠らせ発酵させたようなサウンドは、聴いた瞬間、「これは…! 今まで知らなかったなんて…!」とひとしきり後悔。「Atlas」の衝撃再びか!?
Baths:“nest festival'12”出演で再来日が決定!!

Baths:“nest festival’12”出演で再来日が決定!!

WITCでもインタビューを行なったAnticonの気鋭であるBathsの再来日が決定、3/4(日)shibuya O-Eastにて開催される“nest festival'12”に出演します!

Coachella Festival:フル・ラインアップを公表!

ついに“Coachella Festival”こと“Coachella Valley Music and Arts Festival”のフル・ラインアップが発表されましたね! やはり2日目ヘッドライナーにRadiohea […]
DJ星原喜一郎(New Action!)が選ぶ2011 Best Album !!!

DJ星原喜一郎(New Action!)が選ぶ2011 Best Album !!!

DJ星原喜一郎(New Action!) ’11年は自身が主宰するパーティー“New Action!”のコンピレーション・アルバムをリリース! さらには同作品を引っさげての初の全国ツアーを敢行! レギュラーで […]
Johanna(First Aid Kit)が選ぶ2011 Best Album !!!

Johanna(First Aid Kit)が選ぶ2011 Best Album !!!

Johanna(from First Aid Kit) Fleet Foxes「Tiger Mountain Peasant Song」のカヴァーがYouTubeで250万回も再生され、世界中の音楽ファンの間で話題となっ […]