XXYYXX:Green Dayから電子音楽へ 10代の可能性と感性が生み出す新たな音楽

XXYYXX:Green Dayから電子音楽へ 10代の可能性と感性が生み出す新たな音楽

昨年のTAICO CLUBで初来日を果たした米カリフォルニア・フロリダの気鋭プロデューサー、Marcel Everettによるソロ・プロジェクト、XXYYXX。当時、弱冠16歳の少年がYouTubeにアップした「About You」は、洗練されたアートワークもさることながら、ディープな多幸感がネットを中心に話題を呼び、瞬く間に各誌で取り上げられるように。現在、17歳のXXYYXXのキャリアはどのようにしてスタートしたのか? 音楽への思いは? さまざまな疑問がうずまくなか、2月10日に待望の再来日を控えたXXYYXXにメールインタビューを敢行しました!
Darkstar:自由なイマジネーションで魅せる“カテゴライズされない音"

Darkstar:自由なイマジネーションで魅せる“カテゴライズされない音”

2007年の英ロンドンで、Aiden Whalley(synths)とJames Young(beats and bass)のエレクトロ・ユニットとして始動したDarkstar。若手ながら、名門レーベル“Hyperdub”からシングル「Aidy’s Girl Is A Computer」を発表し、アンダーグラウンド・シーンに新たな風を吹き込んだふたりは、James Buttery(vocal)を迎えることで音楽性の幅を広げ、10年に1stアルバム『North』、13年に2ndアルバム『News From Nowhere』をリリース。ここ日本でも着実に勢力を増して、自由なイマジネーションをほとばしらせています。2度の来日を果たしたメンバーに、バンドについて語ってもらいました!
Latest entries
Esperanza:ラテンの血が騒ぐ、類い稀な変態奇才サイケ・サウンド

Esperanza:ラテンの血が騒ぐ、類い稀な変態奇才サイケ・サウンド

今回は、Gommaが見出した奇才バンド・Esparanzaをご紹介したいと思います。彼らのセカンド・シングル「Jaipur」に代表される、混在する緊張感と緩やかな気だるさ。“チル・ウェーヴ界に現れたBattles”という言葉だけでは氷山の一角、到底語りつくせない奥深さはとんでもないです。Battlesを地下に眠らせ発酵させたようなサウンドは、聴いた瞬間、「これは…! 今まで知らなかったなんて…!」とひとしきり後悔。「Atlas」の衝撃再びか!?
Baths:“nest festival'12”出演で再来日が決定!!

Baths:“nest festival’12”出演で再来日が決定!!

WITCでもインタビューを行なったAnticonの気鋭であるBathsの再来日が決定、3/4(日)shibuya O-Eastにて開催される“nest festival'12”に出演します!

Coachella Festival:フル・ラインアップを公表!

ついに“Coachella Festival”こと“Coachella Valley Music and Arts Festival”のフル・ラインアップが発表されましたね! やはり2日目ヘッドライナーにRadiohea […]
DJ星原喜一郎(New Action!)が選ぶ2011 Best Album !!!

DJ星原喜一郎(New Action!)が選ぶ2011 Best Album !!!

DJ星原喜一郎(New Action!) ’11年は自身が主宰するパーティー“New Action!”のコンピレーション・アルバムをリリース! さらには同作品を引っさげての初の全国ツアーを敢行! レギュラーで […]
Johanna(First Aid Kit)が選ぶ2011 Best Album !!!

Johanna(First Aid Kit)が選ぶ2011 Best Album !!!

Johanna(from First Aid Kit) Fleet Foxes「Tiger Mountain Peasant Song」のカヴァーがYouTubeで250万回も再生され、世界中の音楽ファンの間で話題となっ […]
MO'SOME TONEBENDER:'11年ラスト・ライヴの映像を公開&ワンマン・ライヴHP先行予約実施中!

MO’SOME TONEBENDER:’11年ラスト・ライヴの映像を公開&ワンマン・ライヴHP先行予約実施中!

明けましておめでとうございます。お正月休みも明け、街もすっかり通常モードになってきましたね。WITCも’12年は飛躍の年にすべく、気合いを入れて動いていきたいと思います! 本年もどうぞよろしくお願い致します! […]
ショウコ(WITC)が選ぶ2011 Best Album & Best Track !!!

ショウコ(WITC)が選ぶ2011 Best Album & Best Track !!!

フクダショウコ(from WITC) Weekend In The Cityスタッフのフクダショウコです。Mio Yamadaに引き続き、私もベスト・アルバムを選出しました! 昨年は数をたくさん聴いたので迷いに迷った記憶 […]
KENSUKE.A(SISTER JET)が選ぶ2011 Best Alubm !!!

KENSUKE.A(SISTER JET)が選ぶ2011 Best Alubm !!!

KENSUKE.A(from SISTER JET) 2011年、アルバム『LONELY PLANET BOY』、シングル『ロックンロール発電所』をリリースしたSISTER JET。これまで以上に直球な言葉、繊細さと逞し […]
George(Mop of Head)が選ぶ2011 Best Album & Best Track !!!

George(Mop of Head)が選ぶ2011 Best Album & Best Track !!!

今年は飛躍の年だったであろうMop of Head。ファースト・アルバム『Retronix』のリリース、FUJIROCK FESTIVAL’11への出演、UNITでのワンマン、関西を重点的に攻めるツアー……そして、年末にはCOUNTDOWN JAPANでのラスト・パフォーマンスと、まさに"特盛"な1年を過ごした4人。クラブミュージック・シーンを越えて、ライヴキッズを巻き込んだイベントでも熱烈なラヴコールを受け、来年以降の活動も目が離せません。そんな引っ張りダコであるバンドから、センターでMachineを操る人物、George氏に今年のベストアルバムを選んで頂きました! クラシック、ジャズを根底には持ちながら、大きく振り切ったビートをぶちかます彼が選んだ音とは?
Mio(WITC)が選ぶ2011 Best Album & Best Track !!!

Mio(WITC)が選ぶ2011 Best Album & Best Track !!!

Mio Yamada(from WITC) Weekend In The CityスタッフのMioです。僭越ながら、私もベスト・アルバムをご紹介させて頂きたいと思います。実は、別媒体で「今年めちゃくちゃ聴いた」というコン […]
Weekend In The City:2011 Best  Album !!!

Weekend In The City:2011 Best Album !!!

いよいよ、2011年が終わり新たな年を迎えようとしています。今年一年は、本当にいろいろなことがありました。3月11日には東日本大震災が発生し、多くの方が今も困難な生活を強いられています。そんななか、国内外問わず多くのアー […]
youngteam:自由と緊張感、ハタチが魅せるコンテンポラリーサウンド

youngteam:自由と緊張感、ハタチが魅せるコンテンポラリーサウンド

ここ最近、バタバタとしており、新しい音楽を探せておりませんでした。でもついに見つけましたよ! ということで今回は、先日出会った若き才能youngteamをご紹介したいと思います。