XXYYXX:Green Dayから電子音楽へ 10代の可能性と感性が生み出す新たな音楽

XXYYXX:Green Dayから電子音楽へ 10代の可能性と感性が生み出す新たな音楽

昨年のTAICO CLUBで初来日を果たした米カリフォルニア・フロリダの気鋭プロデューサー、Marcel Everettによるソロ・プロジェクト、XXYYXX。当時、弱冠16歳の少年がYouTubeにアップした「About You」は、洗練されたアートワークもさることながら、ディープな多幸感がネットを中心に話題を呼び、瞬く間に各誌で取り上げられるように。現在、17歳のXXYYXXのキャリアはどのようにしてスタートしたのか? 音楽への思いは? さまざまな疑問がうずまくなか、2月10日に待望の再来日を控えたXXYYXXにメールインタビューを敢行しました!
Latest entries
Jaws:「Gold」

Jaws:「Gold」

ウェスト・ミッドランズのドリームサイケバンド、Jawsが7月にリリースした「Gold」のMVを公開! 9~10月に行ったツアーからライヴやバックステージでの様子を盛り込んだ、ドキュメンタリータッチの映像です。
Múm:「When Girls Collide (Jónsi Remix)」

Múm:「When Girls Collide (Jónsi Remix)」

アイスランドを代表するドリーム・ポップ・バンド、Múmが9月にリリースした新作『Smilewound』から、同郷であるSigur Rósのフロントマン、Jónsiがリミックスを担当した「When Girls Collide (Jónsi Remix)」を公開!
Okkervil River:「Stay Young」

Okkervil River:「Stay Young」

シンガーソングライターのWill Sheff率いる米テキサスのロックバンド、Okkervil Riverが11月27日にリリースする新作『The Silver Gymnasium』から、「Stay Young」のMVを公開! 11月30日に行われるHostess Club Weekenderで、初来日することも決定しています。
Arctic Monkeys:UKに続き、USツアー敢行決定!ニューヨーク&ボストンはDeerhunterがゲスト出演

Arctic Monkeys:UKに続き、USツアー敢行決定!ニューヨーク&ボストンはDeerhunterがゲスト出演

11月2日にThe Strypesを迎えた全英ツアーを終えたばかりのArctic Monkeys。相変わらず、リーゼント絶好調な彼らですが、早くも2014年1~2月にUSツアーを敢行することを発表! 今回は、2月6日のボストン公演、8日のニューヨーク公演に、Deerhunterがゲスト出演するそう。
Warpaint:「Love Is To Die」

Warpaint:「Love Is To Die」

米ロサンゼルスの4人組バンド、Warpaintが2014年1月22日に、約3年ぶりとなる2ndアルバム『Warpaint』をリリースすることが決定し、同作から「Love Is To Die」を公開!
Chvrches:「Lies」

Chvrches:「Lies」

英グラスゴー出身の3人組バンド、Chvrchesが9月にリリースしたデビュー・アルバム『The Bones of What You Believe』から「Lies」のMVを公開! 同作の収録曲「The Mother We Share」に続き、Sing J. Leeが監督を担当。ちなみにChvrchesは、2014年2月15、16日に開催されるHostess Club Weekenderで、2度目の来日が決定。
苗場からお届けするリアルタイム速報!

苗場からお届けするリアルタイム速報!

ついにはじまったFUJI ROCK FESTIVAL'13!! 今年も話題のアーティストが多く、マイ・タイムテーブルづくりに悩んだ方も多かったのではないでしょうか? 「今あのステージはどうなっているの?」「意外なあの人がこんなところに!」など、WITCが苗場の様子をレポートします!
これだけは食べておきたいフェス飯!

これだけは食べておきたいフェス飯!

野外フェスの楽しみと言えば、会場で食べる食事は外せません! 特にFUJI ROCK FESTIVALの場合、入り口近くの“オアシス”、“苗場食堂”、FIELD OF HEAVENの先にあるアジアゾーン、“ところ天国”、ORANGE COURT内のレストラン・スペースなど3日間では回りきれないほどのお店がところ狭しと並んでいます。どれも美味しくて目移りしてしまうのですが、WITCがオススメする絶品フェス飯をご紹介します!
FUJI ROCK FESTIVAL'13:The xx

FUJI ROCK FESTIVAL’13:The xx

最終日、注目の若手としてご紹介したDIIVに続き、ピックアップするのは、英サウス・ロンドンの3人組、The xx。2010年のFUJI ROCK FESTIVAL以来、苗場のステージに立つのは3年ぶり2度目。前回は、一夜限りの来日公演をソールドアウトさせ、その勢いのままREDMARQUEEを満員の観客で埋め尽くしました。あの時体感した体と意識が分離していくような高揚感は、今でも覚えています。音源から感じる心地よさとは違い、REDMARQUEEの空間と共鳴したサウンドは、ある種の危険な中毒性をはらんでいました。のぞき込んだら吸い込まれていきそうな不思議な感覚に陥った方は多かったのではないでしょうか?
FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Maya Jane Coles

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Maya Jane Coles

インターネットとソーシャル・サービスの発達に伴い、若い才能の活動の場が増えている昨今。バンドやソロ活動のみならず他アーティストのプロデュースを手がけるなど、アーティストは自身の活躍の場を広げ、私たちも海を超えた彼らの存在をよりリアルに知ることができるようになりました。そうして知りえたアーティストのなかでも、女性DJでプロデューサーのMaya Jane Coleは衝撃的でした。
FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Skrillex

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:Skrillex

25歳という若さにして各国のフェスを席巻し、“パーティー・モンスター”の名をほしいままにしているSkrillexことSonny Moore。実は、FUJI ROCK FESTIVAL'12で来日するかと予想していたのですが、初来日は新木場STUDIO COASTでの単独公演でした。同公演は、チケットが発売開始後にすぐになくなってしまい、参加した方々の公演終了後の感想に涙を流した人も多かったはず。そんな体験談にますますの期待が高まるなか、ついに念願のFUJI ROCKのステージにSkrillexが登場します!
FUJI ROCK FESTIVAL ’13:My Bloody Valentine

FUJI ROCK FESTIVAL ’13:My Bloody Valentine

My Bloody Valentine 7/26(FRI)@GREEN STAGE まさかの22年ぶりの単独来日公演、そして新作『m b v』のリリース。今年ついに音楽シーンに正式に帰還したと言って良いMy Bloody […]