XXYYXX:Green Dayから電子音楽へ 10代の可能性と感性が生み出す新たな音楽

XXYYXX:Green Dayから電子音楽へ 10代の可能性と感性が生み出す新たな音楽

昨年のTAICO CLUBで初来日を果たした米カリフォルニア・フロリダの気鋭プロデューサー、Marcel Everettによるソロ・プロジェクト、XXYYXX。当時、弱冠16歳の少年がYouTubeにアップした「About You」は、洗練されたアートワークもさることながら、ディープな多幸感がネットを中心に話題を呼び、瞬く間に各誌で取り上げられるように。現在、17歳のXXYYXXのキャリアはどのようにしてスタートしたのか? 音楽への思いは? さまざまな疑問がうずまくなか、2月10日に待望の再来日を控えたXXYYXXにメールインタビューを敢行しました!
Darkstar:自由なイマジネーションで魅せる“カテゴライズされない音"

Darkstar:自由なイマジネーションで魅せる“カテゴライズされない音”

2007年の英ロンドンで、Aiden Whalley(synths)とJames Young(beats and bass)のエレクトロ・ユニットとして始動したDarkstar。若手ながら、名門レーベル“Hyperdub”からシングル「Aidy’s Girl Is A Computer」を発表し、アンダーグラウンド・シーンに新たな風を吹き込んだふたりは、James Buttery(vocal)を迎えることで音楽性の幅を広げ、10年に1stアルバム『North』、13年に2ndアルバム『News From Nowhere』をリリース。ここ日本でも着実に勢力を増して、自由なイマジネーションをほとばしらせています。2度の来日を果たしたメンバーに、バンドについて語ってもらいました!
Latest entries
Nathan Tasker『A Look Inside』

Nathan Tasker『A Look Inside』

■音楽にジャンルは関係ない、そんな当たり前のこと 音楽は、ある人々の生活に深く根ざしている。「そんなこと言われなくても分かってる、音楽がないと生きていけない」という意見は至極真っ当。だが、彼の音楽は、いちリスナーがある好 […]
22-20s『shake / shiver / moan』

22-20s『shake / shiver / moan』

■戻るべくして戻ってきたブルーズ 今年のフジロック出演者の中でも、特に大きな歓迎を受けているのが22-20sだろう。たった1枚のアルバムを発表して解散をしてしまった彼らが、この2ndアルバムで完全復活を果たすという事実に […]
Singin' in the Rain

Singin’ in the Rain

こんばんは。Weekend In The City、始まって1週間になりました。ショーコです。 先週は、会社でおやつタイムと称して、WITCjpをどう面白くしていこうかアイデア出しを行いました。やりたいことはたくさんあっ […]
Lonely Boy

Lonely Boy

第3回目の日記、Mioです。おはようございます。週も半ばの木曜日。週末に期待を託し、今日もがんばります。 昨日は、スリーピースのバンドのインタビューに行ってきました!いろんな話しが聞けて楽しかった反面、まだまだ勉強しなけ […]