米ロックバンドのThe Flaming Lipsが、米シンガーソングライターのKe$haをバックコーラスに迎え、New FumesとともにThe Stone Rosesの「Elizabeth My Dear」をカバー! The Flaming Lipsが、The Stone Rosesの1stアルバムフルカバー企画として11月29日に500枚限定でリリースした『The Time Has Come To Shoot You Down… What A Sound』に収録。

オリジナル曲は、The Stone Rosesが1989年に発表した1stアルバム『The Stone Roses(石と薔薇)』に収録。イギリスの民謡「Scarborough Fair」をパロディにしており、1分弱という短い時間ですが、王室批判を炸裂させたインパクトのある内容です。

Simon & Garfunkelによる「Scarborough Fair」が一番ポピュラーですね(66年にリリースした3rdアルバム『Parsley, Sage, Rosemary and Thyme』に収録)。67年にDustin Hoffman主演の傑作青春映画「卒業」の挿入歌として使用されたほか、日本でもテレビCMに起用されていることが多いので、一度は聴いたことがある人が多いはず。

同作は、ミネアポリスのポップバンドのPoliça、ポップデュオのFoxygenからJonathan Rado、カリフォルニア在住の夫婦によるローファイポップデュオのPeaking Lightsらポップアーティストが参加しています。残念ながらすでにソールド・アウトで、ebayなどでは2~5万と高値がついています……。ちなみに、New Fumesによる「I Am the Resurrection」カバーのMVも公開中。

<トラック・リスト>
1. 「I Wanna Be Adored」 HOTT MT & Stardeath and White Dwarfs
2. 「She Bangs the Drums」 The Flaming Lips & Polica & New Fumes
3. 「Waterfall」 Blobs Descending From Heaven & HOTT MT & Stardeath
4. 「Don’t Stop」 Stardeath and White Dwarfs
5. 「Bye Bye Badman」 New Fumes & Def Rain
6. 「Elizabeth My Dear」 New Fumes & The Flaming Lips
7. 「(Song for My) Sugar Spun Sister」 HOTT MT
8. 「Made of Stone」 Stardeath and White Dwarfs – The Flaming Lips
9. 「Shoot You Down」 Peaking Lights
10. 「This Is the One」 Jonathan Rado (Foxygen) & The Flaming Lips
11. 「I Am the Resurrection」 New Fumes
12. 「Fools Gold」 SpaceFace12. 「Fools Gold」 SpaceFace