3/16付けのUKアルバム・チャートが発表されました。Dan Smith率いるロンドンのロックバンド、Bastilleのデビュー・アルバム『Bad Blood』が見事首位デビューを果たしました!

バンドは、2011年に7インチシングル「Flaws」「Icarus」でデビュー。昨年8月にはシングル「Bad Blood」を発表し、レディング・フェスティバルに出演を果たしました。その後、英マンチェスターのSwiss Lipsとともにツアーにまわり、Emeli Sandéのサポートも担当。シングル「Oblivion」が人気海外ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のサントラに起用されたほか、今年に入ってからは、Two Door Cinema ClubのUKツアーに参加するなど、注目を集めています。4月からは、新作をたずさえたバンドのヨーロッパ・ツアーも控えているので、目が離せません!

Bastille – Bad Blood from Olivier Groulx on Vimeo.

今週初登場となったのは、Bastilleの『Bad Blood』をはじめ4作品。Stereophonicsが約4年ぶりに発表した8thアルバムの『Graffiti On The Train』が3位、ロンドンの女性シンガーDidoの『Girl Who Got Away』が5位、バーミンガムの女性シンガーソングライター、Laura Mvulaのデビュー・アルバム『Sing To The Moon』が9位にランクイン。圏外からは、Olly Mursが昨年リリースした3rdアルバム『Right Place Right Time』、Pinkの6thアルバム『The Truth About Love』が再浮上しています。

<アルバム・チャート TOP10>
1. (初) 『Bad Blood』Bastille
2. ( 1) 『Our Version Of Events』Emeli Sande
3. (初) 『Graffiti On The Train』Stereophonics
4. ( 6) 『Unorthodox Jukebox』Bruno Mars
5. (初) 『Girl Who Got Away』Dido
6. ( 3) 『Les Miserables』Motion Picture Cast Recording
7. (19) 『Right Place Right Time』Olly Murs
8. ( 2) 『Babel』Mumford & Sons
9. (初) 『Sing To The Moon』Laura Mvula
10. (21) 『The Truth About Love』Pink


Official Charts Companyオフィシャル・サイト

■New Release

Bad Blood / Bastille / CD ( Music )

Virgi( 2013-03-01 )

定価: ( 中古価格 ¥ 41 より )