米アリゾナのMichael&Jared Bell兄弟によるインストゥルメンタル・デュオ、Lymbyc Systemが来年1月に1年半ぶり、4度目となる来日公演を行うことが決定しました!

「(大脳の)辺縁系」を意味する「Limbic System」の母音を“y”に変えたという、不思議な名前の「Lymbyc System」。y Bloody Valentine、Explosions In The Skyらの影響を受けたそうで、兄Michaelのストイックなドラム&プログラミングと弟Jaredのキーボードが重なるサウンドは、“ふたりBattles”と称される独特の音像を生み出します。

ふたりは、2001年後半から「Lymbyc System」として活動をはじめ、06年にデビューEP『Carved By Glaciers』をセルフ・リリース。同作の注目度は、The Album Leafら耳に留まったことをきっかけにオープニング・アクトに抜てきされるほど。その後、Mush Recordsから1stアルバム『LOVE YOUR ABUSER』をリリースし、07年に初来日を果たしました。うーん、華麗なステップです。

そして、今年9月にMush RecordsからDirty ProjectorsやHere We Go Magicなどを輩出した名門Western Vinylに移籍し、3年ぶりとなる3rdアルバム『SYMBOLYST』をリリースしました。今作は、19世紀後半に起こった“象徴主義”にちなんだタイトルがつけられており、言葉よりも雄弁に感情を語るサウンドがより一層深みを増しています。

今回の来日は、アジア・ツアーの一環で緊急来日しCaroline、oono yuukiと共演した11年7月の1日限りの東京公演以来、1年半ぶり! ジャパン・ツアーとしては、BOY IN STATIC、4 bonjour’s partiesと回った07年以来、実に6年ぶり。& records設立10周年となる来年、Mush Records/& recordsのショウケース・ツアーとして、東名阪を駆けます!

■来日公演詳細
東京
日時:2013/1/5
会場:渋谷 o-nest

名古屋
日時:2013/1/6
会場:新栄CLUB MAGO/Live & Lounge Vio

大阪
日時:2013/1/7
会場:大阪 CONPASS

Text by:Mio Yamada


Lymbyc System オフィシャル・サイト
レーベル・オフィシャル・サイト