ロサンゼルスを拠点に活動する韓国系アメリカ人のビートメイカー、Jason ChungことNosaj Thingが、待望の2ndアルバム『Home』を12/22にリリースすることが決定いたしました! 2009年6月に発表したデビュー・アルバム『Drift』以来、約3年半ぶりの新作です。

Nosaj Thingはプロデューサー、ミュージシャン、DJなど多岐にわたり活躍している27歳。早くも注目を集めている米カリフォルニア出身のラッパー、Kendrick Lamarなど同世代のアーティストのプロデュースを務めるほか、リミキサーとしても才能を発揮しています。

これまでにRadiohead、Flying Lotus、The xxらの楽曲を手がけ、BECKが監修を務める米作曲家、Philip Glassのリミックス・プロジェクトや、Amon Adonai Santos de Araujo Tobinのソロプロジェクト「Amon Tobin」、ニューヨークのエクスペリメンタルロック・バンド「Battles」の元メンバーであるTyondai Braxtonらと並ぶほどに頭角を現しています。

Nosaj Thingが手がけたThe xx「Islands」のリミックスはこちら。

Snoop Doggなど西海岸のヒップホップを聴いて育ち、自然とターンテーブリストを目指すようになったというNosaj Thing。ラップよりもDr. Dre、Timbalandのようなビートを好み、さらにはレイヴ、インディ・ロック、ドラムンベースと多様な音楽の影響を受けてたきたそうで、その手腕は早くから名プロデューサーのFlying Lotusに認められるほど。初舞台は、Daddy Kevが主催するクラブ・イベントのLow End Theoryという驚きの注目度でした。

今回リリースが決定した2ndアルバムは、チルウェイヴ界からToro y Moiが参加。さらに、リリースに先駆け、ニューヨークのオルタナティヴ・ロック・バンド「Blonde Redhead」のカズ・マキノを迎えた1stシングル「Eclipse/Blue」が公開されています。

Text by:Mio Yamada


Nosaj Thingオフィシャル・サイト
レーベル・オフィシャル・サイト