11/3付けのUKアルバム・チャートが発表されました。10/22(日本国内盤は10/24)にリリースされたアメリカのカントリー・シンガー、Taylor Swiftの4thアルバム『RED』が、見事首位デビューを飾りました! 

8/31にリリースされた先行シングル「We’re Never Ever Getting Back Together」は、Billboard Hot 100では初登場で初となる1位を記録したのに対し、UKシングル・チャートでは最高位4位。

アルバム・リリース前には、1週間ごとにアルバムから4曲をiTunesで配信するという試みも行われました。第1弾「Begin Again」(9/25)は最高位30位、第2弾「Red」(10/2)は最高26位、第3弾「I Knew You Were Trouble.」(10/9)は最高23位、「State of Glace」(10/16)は最高位36位とシングル・チャートでは奮いませんでしたが、今作で挽回したようです。

ちなみにBillboard Hot 100では、カントリー・ミュージックの歌姫としての実力を見せつけ、「Begin Again」は最高位7位、「Red」は最高位6位、「I Knew You Were Trouble.」は最高位3位でした!

こちらは、10/22に公開されたばかりの「Begin Again」のPVです。

そのほか、初登場となったのは3組。4人組の英国バンド、Lawsonが10/22にリリースしたデビュー・アルバム『CHAPMAN SQUARE』が4位、イギリスの3人組ヒップホップ・グループ「N-Dubz」で活躍する、イギリス人ラッパーDappyのソロ・デビュー・アルバム『BAD INTENTIONS』が6位、シンガーのDaniel O’Donnellの『SONGS FROM THE MOVIES AND MORE』が7位となりました。

シンガーソングライターで女優のPaloma Faithが5/28にリリースした『FALL TO GRACE』が、圏外35位から9位に再浮上しているのも見逃せません。

<アルバム・チャート TOP10>
1. (初) 『RED』Taylor Swift
2. ( 9) 『OUR VERSION OF EVENTS』Emell Sande
3. ( 1) 『JAKE BUGG』Jake Bugg
4. (初) 『CHAPMAN SQUARE』Lawson
5. ( 2) 『BABEL』Mumford & Sons
6. (初) 『BAD INTENTIONS』Dappy
7. (初) 『SONGS FROM THE MOVIES AND MORE』Daniel O’Donnell
8. ( 4) 『THE 2ND LAW』MUSE
9. (35) 『FALL TO GRACE』Paloma Faith
10. ( 3) 『GLASSHEART』Laona Lewis

Text by:Mio Yamada


Official Charts Companyオフィシャル・サイト