Arctic Monkeysの盟友、Jon McClure率いるダンス・ロック・バンドReverend and The Makersが、3年ぶりとなる新作『@Reverend_Makers』を、6/16にリリースすることがわかりました! バンドは本作を引っさげ、Noel Gallagher、Red Hot Chili Peppersのスタジアム・ツアーでオープニング・アクトを務めることが決定。日本でのライヴへの期待も高まります! 

バンドのフロントマン、JonはArctic MonkeysのAlex Turnerが「影響を受けた」と公言するほどの仲。もともとJonが最初に結成したバンド“Judan Suki”に、Alex、Matt Heldersらが参加していたのです。ちなみに、Arctic Monkeysのデビュー・アルバム『Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not』で一躍注目を浴びたタバコを吸う男性。実は、Jonの弟Chris McClureなんです(撮影したとき、酔っぱらっていたためギャラはでなかったという噂。笑)。

Reverend and The Makersとしての活動は2005年に本格的に開始し、翌年4月にはArctic Monkeysの全英ツアーにオープニング・アクトとして同行するまでに成長。その後はメジャー・レーベルではなく、老舗ダンス・レーベル“Wall of Sound”からデビュー作『The State of Things』をリリースし、SUMMER SONIC 2007で初来日を果たしました。

多才なJonはバンド活動に加え、“ReverendSoundsystem”というクラブ・イベントも主催。ゲストDJにPrimal ScreamのMani、The SpecialsのTerry Hall、Arctic Monkeysらを招き、英シェフィールドが誇る名物イベントとなっているそう。

ようやく再始動となったReverend and The Makersが放つ新作から、先行トラック「Bassline」のPVも公開されています。

非常にキャッチーなメロディに、ぐいぐいくるギター・リフ、うねるビートがたまりません! 数々のライヴ、クラブなど幅広く活躍するJonらしく、ダンサブルでパンチの効いたサウンドに一気に持って行かれますね。同楽曲以外にもノスタルジックなロック、甘酸っぱいサウンドなどマンチェスター世代の心をグッと掴む1作になっているようです。バンドのFacebookファン・ページでは、「Bassline」の無料ダウンロードを実施中。今すぐチェックしましょう!

The Stone Rosesが再結成&FUJI ROCK FESTIVAL12で来日。復活を遂げたNew OrderもSUMMER SONIC 2012で来日、と今年はマッドチェスター・リバイバルに沸くなか、UKインディ・シーンのなかで強烈なインパクトを放つReverend and The Makersから目が離せません。

Text by:Mio Yamada


■New Release

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

Reverend and The Makers Facebook