The Beatlesガデビュー50周年を迎える今年、『Memory Almost Full』以来、5年ぶりの新作『Kisses on the Bottom』をリリースし、話題を集めたPaul McCartney。そんな新作から、Eric Claptonがアコースティック・ギターで参加したシングル「My Valentine」のPVが公開されました。なんとNatalie Portman、Johnny Deppが出演し、共演バージョンと単独バージョンの3種類が用意されています!

Paulの娘Stella McCartneyの考案によるPVは、しっとりとした曲調とモノクロ映像がピッタリ。「Stella McCartney」のシックなドレスに身を包んだPortman、哀愁漂う表情のDeppが歌を口ずさみながら(フリですが)、手話で楽曲の世界観を盛り上げています。ちなみにオリジナルのギター・ソロはClaptonが担当しましたが、DeppもMixなどで参加しているとのこと。

■「My Valentine Featuring Natalie Portman and Johnny Depp」

単独バージョンのPVでは、Depp、Portmanそれぞれによって表現される世界観の違いが楽しめます。

■「My Valentine(Official Video ft. Natalie Portman)」

■「My Valentine(Official Video ft. Johnny Depp)」

同PVは「Stella McCartney」の店舗で上演され、Foo FightersのDave Grohl、ColdplayのChris Martinをはじめ、大勢のハリウッド・セレブが招待されました。Orlando Bloom&Miranda Kerr夫妻、Kristen Stewart、Woody Harrelson、Zooey Deschanel、Amy Smartらが駆けつけ、楽しんだようです。

ちなみにPortmanは、Michel Gondry監督が手がけた「Dance Tonight」(2007)のPVにも出演しています。こちらはGondry節の効いたファンシーさで、Portmanがいたずらする姿も非常にキュート。

■Dance Tonight

Paulが子どものころに影響を受けたという、1920~40年代のナンバーのカバーを中心に構成された今作。カバー・ソングのほか、今回PVが制作された「My Valentine」、Stevie Wonderがハーモニカで参加した「Only Our Hearts」が新曲として収録されています。ちなみに、Paulは今年中のオリジナル作品のリリースをほのめかしているので、こちらも今後チェックしていきましょう!


■New Release

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

Text by:Mio Yamada

Paul McCartneyオフィシャル・サイト