2011年、目まぐるしい時間のなか、飛躍の1年を過ごしたMop of Head。このほど、新たにメンバー編成が変わったことを発表。ドラムのSakuが脱退し、新たにSatoshiが加入しました。今週末の2/11、東京・新木場のageHaで行われる“GAN-BAN NIGHT SPECIAL featuring EROL ALKAN JAPAN TOUR 2012”で、首都圏初のお披露目となります!

12年も激動のスタートを切ったMop of Headですが、早くも新体制のもと新たな音源づくりに取り組んでいるようです。4月末には、タワーレコード限定で新作EPをリリースする予定とのこと。今後の活動にかんして、バンドの中心人物Georgeは以下の通り決意をつづっています。

「昨年一年間活動を共にした ドラムのSakuがMop of Headを脱退することになりました。現在僕たちはこの春に新しい音楽を発表することを見据えて、新ドラマーにSatoshiを迎え入れ、今まさに新しいグルーヴを作っています。

過去をリスペクトし、未来を見据えながら、今現在を生々しく刻んでいく。

僕たちは常にそうしてきました。そして、それはこれからも変わることはありません。新しいMop of Head、そして来るべき新作の発表を楽しみに待っていてください。」

非常に強くて、しなやかなバンドだと感じました。音づくりで“人力”にこだわるだけでなく、バンドとしても生きた人間らしいなあと。新生Mop of Headが生み出すサウンド、楽しみに待ちましょう。まずは、今週末のGAN-BAN NIGHTが楽しみです!!

Mop of Headオフィシャルページ
George(Mop of Head)が選ぶ2011 Best Album & Best Track !!!

Text by:Mio Yamada