ついに発表されました、第15回文化庁メディア芸術祭受賞作品! 今年も数多くの作品が寄せられたようで、受賞作品はどれもすごい。すべてをじっくりと見ていきたいのですが、今回は私の好きな作品が新人賞を受賞したので、そちらを紹介したいと思います! 受賞結果まとめは、一番最後に◎

■石田祐康 「rain town」


はじめてこの作品を見たのは今年に入ってからでした。雨のなかたたずむ少女とロボット。出会いと別れ。10分弱の映像ではありますが、作画、ストーリー、世界観のどれをとってもノスタルジックで切ない……! これを学生がつくったとは……卒業制作の作品だそうです。

そんな石田氏。
昨年は、自主制作アニメ 「フミコの告白」で、アニメーション部門優秀賞を受賞しています。

■「フミコの告白」

ほのぼのとしながら、大胆すぎる疾走感。2分22秒で展開される、日常でいて非日常なファンタジーな世界。つきなみな表現ですが、“息もつかせない”とはこのことかと思いました。なんという才能……。

昨年に続く今回の受賞は、“異例”の声もあったようですが、「(新人賞に)年齢は無関係、審査委員総意による評価すべき新しい才能」という審議結果から受賞が決定したそう。審査員もうならせ、賞そのもののあり方から見つめ直させてしまった若き才能。これからの日本の映像界は明るい!

また、WITC的にはミュージックビデオの受賞作にも注目したいところ!

エンターテインメント部門優秀賞を、グループ魂の「べろべろ」が受賞。手がけたのは、JUDY AND MARY、UA、電気グルーヴのCDジャケット制作などで手腕を振るうアートディレクター田中秀幸。毛むくじゃらの謎の生命体が、歌舞伎町を闊歩する姿は、変な悪夢のようでもあり、愛らしくもあり。何とも不思議な雰囲気で、クドカン&阿部サダヲの描く“明日”へと引っ張っていってくれます。

ちなみに同部門の大賞は、docomoのスマートフォンGALAXY SⅡを使ったプロジェクト「SPACE BALLOON PROJECT」が受賞。環ROY、口□□、坂本美雨らが参加し、アメリカ・ネバダ州から“宇宙へ届けたいメッセージ”を載せた端末を、上空30,000mの成層圏へと飛ばしました。上空のポイントまで到達するまでは約90分。この模様はUSTREAMで配信され、総視聴者数はなんと38万人! 先にご紹介した2作品とは異なり、なんとも現代的なプロジェクトです。こうして見ると、一年のメディアの動きなども反映されていて、とても面白い。

【アート部門】
▼大賞
Que voz feio(醜い声)(山本良浩)
▼優秀賞
particles(真鍋大度 / 石橋素)
The Saddest Day of My Youth(Brian ALFRED)
つながる天気(片山義幸)
BLA BLA(Vincent MORISSET)
▼新人賞
Monkey Busines(Ralph KISTLER / Jan SIEBE)
SENSELESS DRAWING BO( 菅野創 / 山口崇)
HIMATSUBUSHI(植木秀治)

【エンターテインメント部門】
▼大賞
SPACE BALLOON PROJECT(大八木 翼 / 馬場 鑑平 / 野添 剛士 /John POWELL)
▼優秀賞
べろべろ(田中秀幸)
相転移的装置(勝本雄一朗)
The Museum of Me(田中 耕一郎 / 谷川 英司 / 斎藤 精一 / 坂本 政則 /村山 健)
アナグラのうた~消えた博士と残された装置~(犬飼 博士 / 柴崎 亮介 / 飯田 和敏 / 有山 一郎 /笠島 健司 / 禿 真哉)
▼新人賞
デジタル戦士サンジゲン(仲村海斗)
Hietsuki Bushi(Omodaka)
リズムシ(成瀬つばさ)

【アニメーション部門】
▼大賞
魔法少女まどか☆マギカ(新房昭之監督)
▼優秀賞
鬼神伝(川﨑博嗣)
ももへの手紙(沖浦啓之)
マイブリッジの糸(山村浩二)
Folksongs & Ballads(Mathieu VERNERIE /Pauline DEFACHELLES / Rémy PAUL)
▼新人賞
やさしいマーチ(植草航)
Rabenjunge(Andrea DEPPERT)
rain town(石田祐康)

【マンガ部門】
▼大賞
土星マンション(岩岡ヒサエ)
▼優秀賞
あの日からのマンガ(しりあがり寿)
皺(パコ・ロカ著/ 小野耕世、高木菜々訳)
秘密 トップ・シークレット(清水玲子)
ファン・ホーム - ある家族の悲喜劇 -(アリソン・ベクダル著/ 椎名ゆかり訳)
▼新人賞
なかよし団の冒険(西村ツチカ)
まげもん。(昌原光一)
マスタード・チョコレート(冬川智子)

【功労賞】
木下小夜子(アニメーション作家 / プロデューサー)

第15回文化庁メディア芸術祭 受賞作品一覧

Text by:Mio Yamada