当ブログ“Weekend In The City”が6月にプロデュースした“ROCK’N’ROLL SUNDAY@LUSH Vol.13”に出演したWHITE ASHが、1stシングル「Paranoia」を11/23にリリースすることを発表しました。同シングルは、なんと500円のワンコイン・シングル(しかも初回生産限定盤!)。オリジナルの新曲である「Paranoia」と「You Go When The Light Turns Green」の2曲が収録されているとのことです。

タイトル曲である「Paranoia」は、イントロからいきなり性急なリズムでスタートし、硬質で尖ったギター・サウンドと、しなるようにうねるベース・ライン、そしてあのハイトーン・ヴォイスで歌われる不思議な英語の歌詞という、これぞWHITE ASHと言えるような攻撃的な楽曲。WHITE ASHは、最近のインディーズ・シーンでは珍しいくらいジャキッとしたサウンドを奏でていると思うのですが、尖ったサウンドに多いポスト・ロック的なアプローチと異なり、耳に残るメロディがまっすぐに突き刺さってくる程エモーショナルな様が新鮮で、ライヴでも思わず熱くなってしまいます。

そして現在、「Paranoia」のPVが、スペースシャワーTVが運営する携帯・スマートフォン専用SNSサイト“mob”にて先行公開中です! 曲のタイトルでもある“Paranoia”とは妄想症などの精神病の一種の意味として使われる言葉ですが、それとリンクしているのかどうかは不明にしろ、PVの舞台も病院と見られる場所のようです。

医療器具が置かれる手術室や廊下で、クールながらも一心不乱に演奏するメンバー。照明の使い方が印象的で、楽曲が持つリズム感を強調するように明暗が繰り返され、しかし決して全体像がはっきりしないところに、肝試しをするかのような怖いもの見たさ、知りたいような知りたくないような、それこそ私たちの“妄想”をどんどん掻き立てられていく感じがします。また「Stranger」「Thunderous」のPVに引き続き、ヴォーカルのび太さんの例のコスプレもちらっとあり(笑)、そうしたコミカルな部分も注目です。

さらに、’12年1/19(木)にはSHIBUYA O-westにて初のワンマン・ライヴも決定! シングルのリリース、そして“COUNTDOWN JAPAN”への出演と、年末にかけて盛り上がりが予想されるWHITE ASH。年明けのワンマン・ライヴも凄いことになりそうですね。

WHITE ASHオフィシャル・サイト
■mob(http://mob.ne.jp)※携帯・スマートフォンのみ

Text by:フクダショウコ