昨年、世界中で大旋風を巻き起こしたThe Drums。初の来日公演はソールド・アウトし、その後に出演した“SUMMER SONIC 10”でも、初登場とは思えないステージで会場を熱狂させていた彼ら。特にヴォーカルであるジョナサンのファニーなパフォーマンスがまずは目に飛び込んでくるのですが、永遠に届かない青春への憧れを綴った歌詞と、どことなくノスタルジックなメロディがどうしようもなく切なく響き、そのギャップにいつの間にか彼らの虜になってしまい、昨年は何度も叫んでしまいました、“Oh, mama I wanna go surfing”!

そんなThe Drumsが、今回の東日本大震災を受け、日本に向けて制作されたという新曲「The New World」を発表しました。The Drumsらしいローファイなポップ・サウンドとまるで祈るように“The New World”と歌うジョナサンの歌声が、つつみ込むように響く同楽曲。こちらは配信でリリースされ、全収益は今回の震災の被災地へ寄付されるとのことです。

また、この「The New World」、ここ日本では限定無料DLを実施しています。これは、たくさんの日本人のファンにこの曲を聴いてもらいたいという、バンド・メンバーの希望により実現。The Drumsの日本公式サイトにて、フリーDLが実施されているので、ぜひ聴いてみてください。同サイトには、メンバーからのコメントも掲載されています。

そして来月には、初の単独ツアーで来日も予定されています! 5/18(水)渋谷CLUB QUATTRO、5/19(木)渋谷duo music exchange、5/20(金)名古屋CLUB QUATTRO、5/21(土)心斎橋CLUB QUATTROの東名阪、計4ヵ所を回るThe Drums。初夏の風と共に、日本に明るい空気をもたらしてくれるに違いありません! 熱狂のステージを再び目撃したいですね。

The Drums日本オフィシャル・サイト