朝からすごいニュースです!村上春樹の代表作として、今秋公開が決定している『ノルウェイの森』。2008年に本作の映画化が発表されただけでもかなりのビッグ・ニュースとして話題を集めており、WITCもかなり影響を受けている作品です。それが、なんとなんと!今回主題歌としてThe Beatlesの「ノルウェイの森」が起用されることが決定いたしました!しかも、世界配給の日本映画にThe Beatles原盤の楽曲が提供されるのは初とのこと。これは、かなりの注目を集めること間違いなしです。


もともと、原作のタイトルの由来そのものが、The Beatlesが1965年に発表した『ラバー・ソウル』に収録されている「ノルウェーの森」という本作。「ノルウェイの森」は、作中でも登場人物の弾き語りによって演奏され、物語のキーとして重要な役割を果たしています。ビートルズのカヴァー曲が映画に使用されることはこれまでにもいくつかありましたが、彼らの演奏による原盤の使用許可が出るのは非常に稀なことで、使用許諾がおりることは非常に稀とのこと。村上春樹と彼の作品の影響力の大きさが伺えますね~。

同楽曲が、どのシーンを飾るのか。今からものすごく気になるところですが、様々な思いが交錯する本作をより一層掘り下げてくれることは間違いなさそうです。公開がますます待ち遠しいですね!映画『ノルウェイの森』は12月11日(土)より全国東宝系にて公開です。

ノルウェイの森・オフィシャルサイト

The Beatlesオフィシャルサイト

Text by:やまだみお